副業 アルバイト

副業 アルバイト 面接 面接で気を付けることとは?

副業でアルバイトをする人はすでに社会人として働いている人なので、もう一つの仕事を始めるに際しての面接についてはあまり心配すことはないと思いますが、

 

今一度面接時に気を付けることについてお知らせしたいと思います。


副業でアルバイトの面接を受ける際の服装 髪型 身だしなみ

髪型や身だしなみについては、実際に仕事をする際にユニフォームがあったり汚れる仕事をする場合でも、面接のときだけでもしっかりとした恰好をしたほうが良いと思います。

 

スーツを着る必要がない場合でも、きちんと襟付きのシャツ、(あまり派手ではないもの、白等が望ましい。)を着て、ジーパン、スニーカーは避けましょう。

 

髪型は清潔感が感じられるもの。短髪が望ましいですが、長い場合は束ねる、整髪料で撫でつけるなど、これは顔をしっかりと確認できるようにという意味合いがあります。
髪型を気にしないアルバイトでも、人相がはっきりと確認できるように努力しましょう。 

 

身だしなみとして、清潔感のある服装、髪型、男性はひげを整える、剃るなど相手に不快感を与えない、少しでもいい印象を残す、そういった努力は必要で、何より仕事を得るために自分のためにどうしたらいいかというのが判断の基準になると思います。

副業 アルバイト 面接の時間をぜったいに守る 

これはゆうまでもありませんが、必ずバイト先の面接の時間を守るようにしましょう。 実際は15分程度早くついて待っていたほうが心にも余裕が生まれると思います。

 

どうしてもやむなく遅れてしまう場合は待ち合わせの時間に遅れる前に到着が遅れることを連絡すること、だいたいどれくらいで到着するかを連絡しましょう。

 

電車やバスの時間を前日に調べておく、駅の出口を調べておく、出口から面接会場までの道順を調べておく、面接の時間に遅れないように事前にできることはたくさんあるはずです。

 

社会人として責任ある行動をとりましょう。

 

副業のアルバイト面接での質疑応答 聞かれること こちらから聞きたいこと

面接で聞かれることは、

 

志望動機 どうしてこの仕事をしようと思ったのか? なにが魅力だったか?
今までの職歴 今までどんな仕事をしてきたか、生かせそうな経験はあるか? この仕事が自分に向いていると思う理由など。
自分の長所、短所、ここはしっかりと事前に考えて用意していかないと面接時にうろたえることになってしまいます。
住んでいる場所は履歴書に書いてありますが、具体的にどうやって通勤するか、どれくらいの時間がかかるか把握しておいたほうがいいですね。

 

こちらから伝えておいたほうがいいこと

 

働き始める前に、自分自身の希望をきちんと伝えてそれがOKかどうか確認することが必要です。

 

最初に『自分は副業、アルバイトで仕事を探している』ということを伝え、それが本当にもんだいないか、
それに伴って、自分がどれくらいの時間、曜日で働けるのか、しっかりと相手に伝えましょう。
時給の額はいくらか、昇給はあるか? 研修期間はあるか? 
そしてこれはとても大事なことですが、 住民税の支払いの仕方、所得税の源泉徴収票があるか、副業をする上で非常にだいじなことなので聞いておかないといけません。