副業 いくらまで

副業 いくらまで サラリーマンが副業して税金を納めない額

サラリーマンが副業で年間20万円まで稼ぐのなら税金はかからない。
というまことしやかなうわさがありますが、実はこれは事実ではありません。

 

副業でもらうお金が 『給料』 の場合、(どこかで働いている場合は必ず給料になりますね。)本業のサラリーマンの給料と、所得の額が合算になりますので、1万円であろうと20万円であろうと所得税と住民税はかかってきます。

 

また、なにか自分でネットでものを売るなど、事業をして所得を得た場合、(ネットオークションなどでも)こちらは給与所得ではないので20万円以下であれば所得税に関しては確定申告の必要がないですが、住民税はこのくくりがありません。 なので1円でも稼いだ場合は住民税に必ず反映してきますので、こちらは申告の必要があります。 

 

かりに年間20万円で申告しなかった場合でも、手もとに残るのは、月になおしたら ¥16,666から住民税分を引いた額、1万5千円程度。
せっかく副業をしようと決めて労力をかけるのに、それだけだったらあまりやる意味がない気がします。

 

なので結論としては、

 

やるなら計画を立ててしっかりと収入を増やす、そしてスキルを身に着ける、一時的なお金を得るためだけではなく、将来の自分に必ず役に立つことをする。 

 

やるなら腹決めてがっつり稼いでしまいましょう。ということです。 そしてしっかり税金も納める、それに見合う所得を得る。

 

これに限ると思います。